子供ものびのび
引越しの段ボール

賃貸やマンションだと、元気な子どもの声や足音など、隣への音漏れを気になってしまいます。新築戸建は自分達の家で何の気兼ねも入りません。庭もあり、広い家でのびのび生活する事で感受性豊かに育つことが出来ます。

自分でアレンジ
引越しの荷物を入れる人

フローリングや壁はもちろん、お風呂を広めにしたり、最新のシステムキッチンにしたりと、様々な家族のリクエストを盛り込む事が出来るのも新築戸建の良い点だと言えます。

建売と注文
引越しのトラックと荷物

新築戸建には、大きく分けて「建売住宅」と「注文住宅」があります。建売・注文とはどんな住宅タイプなのか、それぞれの住宅タイプの持つメリットと、その特性について調べてみました。

建ぺい率とは
引越しの荷物

新築戸建を考える上で、気にして欲しいのが「建ぺい率」です。不動産会社などでよくきくワードである建ぺい率、その意味と住宅と土地に関して知っておきたい基礎知識について。

夢の新築戸建て

マイホームは多くの日本人の家です。
世界的に見ても、日本は住める土地の割合がなかなかない土地だと言われています。
土地を探すのも大変で、昔は一戸建てが当たり前でしたが、現在は多くの住宅はマンションタイプとなっています。
だからこそ、一軒家でゆったりした暮らしに憧れを持つ人が多いのです。
特に新築の一戸建ては人気があります。
新築戸建ての魅力は、その自由度にあります。
敷地があれば、あとは好きなようにデザインできるのです。
庭や駐車場の配置、家の中の間取りやそれぞれのこだわりを反映する事が出来るプランニングが最も魅力的な点だと言えます。
しかし、そこで気になるのが価格です。
ただ、最近では気がるに新築戸建を購入する人も増えているのです。

新築戸建を考える人が増えている理由、それは実はマンションと比べて、新築戸建は、むしろ安く済む事が多いからです。
マンションは、その価格自体は新築戸建より安い事が多いのですが、後々にかかる料金があり、総額のコストでは新築戸建の方が安い場合が多いのです。
例えば、マンションは毎月、管理費や修繕積立金、駐車場料金などが取られます。
管理費や修繕積立金は年数を追う毎に高くなってくるものが多いので、後々の生活に負担が来るのです。
その点、新築戸建はその家の価格のみなので、計画的に支払っていたら後々取られるお金はありません。
修繕する際はお金がかかるものですが、自分達で行なう修繕などもあるので、マンションに比べると安価で済む場合がほとんどです。
このように、最初の価格だけでなく、総合的なコストを考えて選ぶことがマイホーム選びには大切です。
賢い選択をする為には、情報や知識を集める事が大切です。
家族の住み続ける、大切な家だからこそ、しっかりと選んでいく必要があります。

引越しのトラックに積み込み